FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
輪舞曲 ロンド 完  ★☆☆☆☆ の記事一覧
  輪舞曲 ロンド 最終回 
03/26.Sun22:59
輪舞曲 -ロンド- DVD-BOX
輪舞曲 -ロンド- DVD-BOX竹野内豊 チェ・ジウ 木村佳乃

松竹 2006-06-24
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


例のあの場所でなんか唇ずれたキスしてハッピーエンドでした
階段のおかげで、背のつりあいがきれいになるようになってました。
ジウと竹野内は実寸ほぼおんなじなんだろう。
その事を又連想してしまう私、、、ロンド

琢巳が逮捕かと思わせて、伊崎の手紙で身分が証明されたという。
署に行く迄、ドキドキだったのか琢巳?
今回もありえん展開で、唐突に寝返る刑事、2人殺してユナを龍吾の所へ
完成させろと、迫るんですね
ヒデがいつの間にやら捕まって,ヒデの命と引き換えにと
ヨンジェが到着して2丁拳銃を構えてバンバン撃ちまくって、ユナとヒデを救い出し
ハアーハアーハアーハアーハアーハアースースー、息づかいだけ生々しくヨンジェはニコリ笑ってご臨終です。
お気の毒に、、、
宗が完成したプログラムをエンターボタン寸前にユニからの電話で取りやめる
そんな簡単に辞めれる男なんだ、、、
なんかそんな男なら最初から考えないだろうに、、、
アホらし!
そして1番有り得んと思ったのが、龍一郎が脱獄してビルに侵入したって、、、
娘が差し入れした針金ですか?
笑ってしまう、
龍一郎が撃たれたのかと思ったら琢巳なんだ、
そしてその龍一郎を刺したのが龍吾。
最後に分かり合えた親子ってか。
アホらし
視聴者にエーと思わせるのが好きな作り、最後迄
歩いて出て来たからたいした事なかったのかと思ったら、ユナに抱かれて意識不明
死んじゃったかと思わせて、実は、たいした事なくってピンピン。
アホらし、、、、

最後迄見届けました、音楽、カメラワーク、俳優は頑張っていました
しかし脚本がもう最悪レベル
がっかり、、、


スポンサーサイト



* テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
  輪舞曲 ロンド 10話 
03/19.Sun23:27
TBS系ドラマ日曜劇場「輪舞曲-ロンド-」オリジナルサウンドトラック
TBS系ドラマ日曜劇場「輪舞曲-ロンド-」オリジナルサウンドトラックTVサントラ 菅野祐悟


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

やしきたかじんが絶対ストーリーを途中で変更したとわめいてた。
私も1票。

あっさり記憶喪失が治った?というのか、自分が日本人である事を納得するユナ
宗が自分を利用しているという事実も受け入れられるユナ
ユニの手術承諾書にサインするために日本へ
笑ってしまいます。偽造パスポートって
日本の警察に追われている琢巳を援護出来る韓国警察?
ユナにも寛大な韓国警察

なんかなんでもありみたいな、、、
龍吾ひとりを取り逃がす日韓の警察、、、嘘でしょ

日本の全ての銀行口座をダウンさせるプログラムって、、、
ありえんだろうに、、、
元造幣局に勤めていて、料理人になって、偽造紙幣を作るまでは良しとしよう。
あの年のおっさんがプログラミング出来るはずがないっしょ。
出来るならば初めから自分でやればいいよね。
ユナに韓国に行かせてまで完成させる必要ないし、、、

自首するというユナ

いかに視聴者を驚かせるかを、目標にしてる?
最終回、ヨンジェが亡くなって、、、、後何人?




* テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
  輪舞曲 ロンド 9話 
03/13.Mon13:49
なんか一気に謎解き。しかし想像通りでビンゴ!でした。

出たーあ 記憶喪失!
宋は実父ではなく、やっぱり、日本人佐倉刑事の娘、佐倉愛だった。
宋の腕に傷がありましたとさ。

日本人だと思えた西島ショウが韓国人でチェユナが日本人だった、、、
日本と韓国の近さを感じる展開、日本にいたと思ったらすぐ韓国に現れて、、、

ユジンオンマの登場にびっくり。

ヨンジェが日本語をしゃべり、琢己が韓国語をしゃべり、お見事!
見ててもうひきまくりです
ユナの部屋へ行くときも銃を構えて構えていかにも、みたいな作りでだーれもいないし、、肩すかし。
ヨンジェがなんか急に琢己に熱く迫ったり、、、もうなんかつぎはぎ、行き当たりばったり、
又2人が向かい会っているシーンで終わり。

* テーマ:輪舞曲 - ジャンル:テレビ・ラジオ *
| BLOG TOP |
プロフィール

vivi

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
CopyRight 2006 まいぶろぐ その2 All rights reserved.
Photo material by Art-Flash 加工自由な壁紙と素材 / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /